【記事カテゴリ一覧】
特撮感想特撮動画特撮関連動画特撮ネタ

2011年08月30日

【感想】仮面ライダーOOO(オーズ)最終話 『明日のメダルとパンツと掴む腕』

【特撮感想】
◆『仮面ライダーOOO(オーズ)』感想

泣いても笑っても最終回!一年間ありがとう!!!の第48話

※未見の方は先に動画で本編をお楽しみください♪
(動画は前ぶれ無く消去される可能性がございます。その点ご了承くださいませ)
pandora


・完全体ウヴァ、Wバースを圧倒!
 変身解除に陥ったWバースを悠然と眺めるウヴァ。

 トドメを刺そうとせず、すぐ調子に乗るところがウヴァさんらしいw

・しかし調子に乗ってたそんな矢先、地響きが鳴り響く。
 その正体は、なんと映司!

 セルメダルを吸収し過ぎてパワーが有り余ってるのか
 はたまたただ単に重いのか。おそらくその両方と思われるが、
 でも次のシーンでは地響き音がするだけで地割れCGは無しw

 そこの予算はケチらないで欲しかったwww

・「オーズだよ。本当の」
 久々に外に出た宇梶会長。ドクター真木と邂逅。

 そしてやっとプレゼント小箱の中身が判明。
 「800年前、初めて王が変身した10枚目のメダル『タトバコンボ』」

 そう聞くとタトバが凄そうに聞こえるぞwww

・そしてビルの屋上から正確に3枚のコアメダルを映司に投げる会長。

 会長、やっぱりあんたがNo.1だww
 しかし刑事兄以外、この世界の人の投擲能力は異状www

・メダジャリバーとメダガブリューの二刀流でウヴァを圧倒するオーズ。
 それを投げ捨てスキャニングチャージ→タトバキック。

 おぉ!やっとタトバキックがまともに決まった!!w
 と思ったらドクター(グリード)がコアメダルを注入しウヴァ復活。

 あれ?タトバキックってもしかしてちゃんと単体で敵倒さずに終わるの?www
 主人公格形態の必殺技なのに、あまりに不憫だwwwww

・喜んだウヴァだが、次々コアメダルを注入してくるドクターにうろたえ
 「これ以上はいい。俺は暴走したくない」と逃亡。

 「何と言う見苦しさ」とドクターは後を追い、ウヴァさんの情けない悲鳴がwww

・ウヴァを追う直前、オーズに対して放ったドクターの一撃を防いだのは、アンク!
 手を差し出し何を言うかと思いきや「今日の分のアイスよこせ」

 うん、ツンデレはこうでなくちゃw

 比奈にも「(映司には)何も言うな」と言うアンク。
 自分の身を省みず世界を救おうとする二人(映司とアンク)に何も言えず、
 ただ手を繋ぐ事しかできない比奈。

 劇場版の歌をここで宣伝するとは、やるなヒロイン(違w
 ♪オ〜レ〜、手をつなごう〜

・クスクシエの知世子店長の元には「ドクター真木仕様のキヨちゃん人形」www
 こんなプレゼントこっそり置かれてたら怖いわ、ドクターwwwwwwwwwww

 しかし最終回でやっと“キヨちゃん離れ”が出来たんだね、ドクター。
 スペアの人形だったら嫌だなぁwww


・主題歌のバラードverに乗せて皆の最期の日常を描写しているなか
 延々苦しんでたウヴァさん。
 ゴーカイジャーのジェラシットの如く粗大ゴミになってましたw

 更にメダルの器の暴走が始まり、原型を留めない
 あらゆる物をセルメダル化して吸収する巨大な飛行物体となり街は大パニック。
 なんかキバ最終回のネオファンガイアみたいになっちゃいましたがw

 メズール&ガメルの時と違い、屑ヤミーを大量生産するところがウヴァさんらしいw

 でもこういう大量の雑魚を産むとかは、普通なら最終回1〜2話前に持って来るべき。
 最終Aパートの終了直前から雑魚戦とか、絶対尺が足りないってwww

 ガタキリバになれればボス含めて一瞬で終わるのに、肝心の緑がウヴァさんだからなぁ。


・映司とアンクが戦う中、屑ヤミーは任せろ〜とWバース登場。
 そこからの止め絵の演出はあんま好きじゃない。スピード感は削ぐし、若干しつこい。

・Wバースに後は任せ、暴走ウヴァの元へ“飛ぶ”プトティラとアンク。
 あれ?飛べるなら屑ヤミー相手にする必要なかったんじゃ?w
 
 そこに現れたドクター真木グリードと空中戦→3人まとめて落ちて地上戦へ。

・一方バース組に作中最強の頼れる助っ人が。

 伊達「里中ちゃん♪こんな状況でよく来たね」
 里中「ビジネスですから」
 後藤「さすが俺の上司!」
 
 良いトリオになったなぁ。

 でも里中さん、赤いバイクスーツっぽい出で立ちは良いが
 黒いハイヒールブーツが戦いにくそうw
 しかも面倒な髪型してるが、また身支度で遅れたろ、これwww

・ドクターを一撃で倒すための秘策を用意していた映司。
 吸収していた大量のセルメダルをガブリューに喰わせ必殺の一撃を放つ!!

 だが空に浮かぶ暴走ウヴァ(の成れの果て)から光が出てドクター復活。

・もうプトティラの暴走しか打つ手無くなった映司だが、
 そこでアンクが「これを使え!」と投げる3枚の赤いコアメダル。

 投げた後、刑事さんの体に戻ったのと、
 ヒビの入ったメダルを見て、アンクの全てを悟った映司。

・「アンク、行くよ」
 アンクの決意を受け止めタジャドルコンボへ変身!!!

 映司の今までで一番気合入った「変身っ!!」と
 そこでの「タカ!クジャク!コンドル!」がアンクの声とか演出に泣かされる。
 熱い!熱いよ!アンク〜!!

 しかしラストの変身がタトバでもプトティラでもなくタジャドルとは、
 どこまで熱くさせてくれる脚本だ!!

・幻影なのか実体なのかよくわかんないアンクの協力を得て
 タジャドルは空中に逃げたドクターを撃破する。

・一方バース組も地上の屑ヤミーの掃討に成功していた。

 ねぇ、その屑ヤミーどうやって一箇所にまとめたの?www
 明らかにやぐらみたいで不自然な状態だったよねw

・全てを無に帰す紫メダルの影響なのか、ドクターの爆発により
 ブラックホールよろしく映司の紫メダルや赤メダルをも吸い込み砕いていき
 そして自壊していくウヴァの成れの果て(南無〜

・「映司!目ぇ覚ませ!死ぬぞ!!」
 空中に放り出され気絶した映司を起こそうとする右手アンク。

 いや、これ起きてても死ぬと思うよw
 しかしこれで右手だけは生き残るのかと思いきや・・・。

・「欲しかったものは手に入った」
 「お前達と居る間に、ただのメダルの塊が死ぬとこまできた。
  こんな面白い・・・満足出来る事があるか」
 「お前を選んだのは、俺にとって得だった。間違いなくな」
 
 更に「お前が掴む腕は、もう俺じゃないって事だ」
 そう言い残し、アンク消滅・・・。
 映司の手には半分に欠けたコアメダルのみが。

 アンク〜!!!!!(泣)
 映司じゃなくても絶叫しそうになっちゃたよ・・・。
 決して満足出来ないグリードがようやく得た満足感。
 最期はものすごい幸福で満たされたであろうことが救いか・・・。

・そして地上では比奈がもう半分の欠片を拾い
 「ありがとう」と、万感の想いを込めてアンクに謝辞を述べる

・一方、主人公が地上に落下してバットエンド寸前の番組を救うためw
 カッターウィングで飛行してきた後藤バースの姿が♪
 さすがマニュアル人間後藤さんwバースが伊達さんだけだったら終わってたwww

 そしてサイボーグ009と違って「どこに落ちたい?」とならずに良かったですw

・比奈・知世子・伊達・里中、4人4様の言葉で激励しながら
 地上に降り立つ映司の手を取る。

 「後藤ちゃんがいなかったらどうなってたことか」と若干小さく聞こえる
 伊達さんの声が後藤ちゃん愛に溢れててツボw


・OPが流れる中、皆の後日談が展開される。

 相変わらずハッピーバースデイと叫びケーキ作ってる会長や
 店でコスプレしてる知世子さんに癒されるwww
 しかし刑事兄さんは一年も音信不通でどうやって復職出来たの?w
 
 そして映司はクウガの雄介のように旅に出ていた。
 雄介の時代と違い、映像のやり取りが簡単になってた点が
 悲壮感が薄れて良いやね。

「いつか、もう一度」
 割れたアンクのメダルを手に、そう呟く映司。

 このまま感動的に終わるかと思いきやアンクの亡霊キターwwwww

 ドリフの「志村ー後ろ後ろー」みたいになってるよwww



若干どころじゃなく詰め込み過ぎな最終回でしたが
思いのほか上手くまとめてきましたね。

比奈ちゃんの怪力設定や里中の超戦闘能力はなんだったのか?とか
色々語られずに終わっちゃったけどもw
とりあえずアンクの意識を司るコアメダルだけ消滅せず割れて残ったのは
次の劇場版での復活フラグであると信じたい。



★一年総括★

劇中でアンクがいなくなった時にも露呈してたけど、
戦闘中に効果的なフォームを考えメダルチェンジは実質一人じゃ不可能。
そのための相棒「アンク」が大変上手く機能していた作品。

あえて欠点を上げるとすれば
仮面ライダーWでもフォーム数が多く、大して効果的に使われない形態があったのに
オーズはその何倍ものフォーム数だから、活躍しないフォームの多い事、多い事。

セルメダルたった3枚で次元を斬る最強剣「メダジャリバー」を早々に出してしまい
扱いきれなくなった事。

そして劇場版を観ていないテレビ版のみ視聴の方々には
“最強”の謳い文句「ガタキリバ」の活躍が序盤で終了と、とても残念なことに・・・
等々、設定面ではツッコミどころは沢山あります。

とは言え、
色々クウガの五代雄介(ディケイドのユウスケではない)に似通った設定の映司が、
本来敵であるはずのグリード・アンクとの“いつ敵になってもおかしくない”共闘は
見ていて緊張感があり、戦闘前でも心理的駆け引きが楽しめました。

そしてなにより途中出場の伊達さんの投入は大きかったと思います。
大人の余裕で作品を牽引してくれたムードメーカーであり
未熟なレギュラー陣(主に後藤さん)の成長を促してくれた功労者。

彼のおかげで、中だるみを感じることが少なかったように思います。


敵を見ても個性派揃いで
メズールはエロく、ガメルは無邪気で癒してくれ、
ウヴァさんはネタキャラとして笑わしてくれましたw
カザリは・・・うん、まぁ最期は可哀想だったw
ドクターは一話前までギャグやってて、ラスボスとして大丈夫なのかと
違う意味でもハラハラさせてくれましたしw


言いたいことはまだまだありますが
とりあえず制作に携わった全ての方に「ありがとう♪」とお伝えしたいです。
一年間楽しませてくれました。
本当にありがとうございました。

最期に、
『アンクと伊達さんと言う名脇役キャラを生んでくれて本当にありがとう!!!』
【関連する記事】
posted by くれない音也 at 01:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 特撮感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月22日

【感想】仮面ライダーOOO(オーズ)第47話 『赤いヒビと満足と映司の器』

【特撮感想】
◆『仮面ライダーOOO(オーズ)』感想

アンクの格好良さに痺れそうな最終回1話前、第47話

※未見の方は先に動画で本編をお楽しみください♪
(動画は前ぶれ無く消去される可能性がございます。その点ご了承くださいませ)
Videozer
56.com


・「ありがとう」の言葉が頭に残り、暴走する映司に対し
 どうしても本気で攻撃出来ないアンク。

 「力が欲しいなら、こんな程度で暴走するな!」
 この一年を思い出しながらの色んな感情が混ざった一撃がやっと映司に届く。

・倒れた映司だが、まだ紫のメダルを手放そうとしない事に業を煮やし
 トドメを刺そうとするドクター真木。
 だがその手をアンクが止める。

 「なんのつもりですか?」
 「さぁ?俺もなんのつもりなんだか」

 自分の感情に戸惑いながらドクターに向かって火球を放つアンク。
 その火はキヨちゃんを燃やし、ドクター大パニックw

・キヨちゃんの火を消すため思わず海に放り投げるドクター。

 「だめだから〜!投げちゃだめだから〜!!
 無いよ!無いよ!
 無いよ!あ、メガネもないよ! あ、ぼく泳げたよ」


 もうすぐ最終回だと言うのにまだギャグをかますかドクターwww
 ラスボスのはずなのに憎めないwwwww


・世界の終末を起こさせないためドクターの居場所を探そうとする伊達。
 ドクターを探すより「火野を狙ってくる可能性が高い」とし
 里中により保護された映司の居る財団に戻ったほうが良いと判断する後藤。

 「すっかりたくましくなっちゃって。お父さん嬉しい!」と満面の笑みの伊達さんw
 後藤さんはこの作品で一番成長したもんね。伊達さんじゃなくても嬉しくなる♪

・場面変わってクスクシエ。
 比奈ちゃんより全てを聞かされた知世子店長。
 
 何も不思議に思わないどころか全てを受け入れ、
 「もっと欲張ったって良いじゃない。映司君もアンクちゃんもお兄さんも、って」
 と、悩んでる比奈ちゃんに最高のアドバイス。

 この人の器も超弩級だよなぁw
 まぁメダルのお化けより、怪力に何の理由も説明も無いヒロインとか
 勝手にポーズ取ってる人形のほうが不思議存在だよねw


・「アンク君、君は人間に近づき過ぎましたね」
 「君をメダルの器にするのは中止です」

 映司に対し非情になれないアンクを見限り、ドクターが襲い掛かる。

 そして・・・アンクの意識を司る赤いコアメダルにヒビが・・・。

・ドクターが去った後、木にもたれかかり満身創痍のアンク。
 だが、その表情には笑みが。

 「バカバカしいのは、さっきからずっと“満足”してるって事だ」
 
 決して満足しないはずの存在「グリード」。
 だが映司達と過ごした日々の中で“心”を手に入れる事が出来た。

 でもそれを知った時、もう自分の残り時間はわずか・・・。


・財団に保護された映司は、何故か出入り禁止の保管庫に移送され、
 後藤さん達が会えない状態に。

 「私の業務では無いので、失礼します」と相変わらずクールな秘書・里中。

 と思いきや「忘れてました。秘書補佐として預かっておいてください」と
 後藤にマスターキーを渡して颯爽と帰宅する里中が格好良い!

 伊達さんばりに「素敵!」と言いそうになりましたw
 嫌いじゃないわ!www

・そのマスターキーを使って保管庫に入ると、タトバの玉座に座る映司がw
 なにこのショッカーみたいに世界征服を企んでそうなセットwww

・「君の素晴らしく巨大な器に!欲望の結晶、その無限のセルメダルを呑み込みたまえ!」
 目茶目茶な数のセルメダルを見せつけ、映司に「力」の欲望を焚きつける鴻上会長。

 しかしセルメダルどんだけ溜め込んでたんだ、会長w

・映司に「真のオーズ」となって欲しい会長だが、紫のメダルのせいで
 このままでは「真のグリード」になってしまうと嘆く。

 伊達さんにそれをなんとかして欲しいと(ウソ泣きで)頼むも
 「冗談じゃない、真のオーズもグリードも願い下げだ!」と
 会長の頼みを一蹴するバース組。

 だが映司を連れて帰ろうとするも、力が欲しい映司に拒否される。
 しかしそこでドクター真木の気配を近くに感じ取った映司は飛び出していく。
 
・「今度こそ最期にしましょう。君のメダルを貰います」
 「貰うのは俺です」
 と、あくまで力を望む映司。

・「手に入れた、俺の力」と紫メダルでグリード化する映司。
 だが
 「バカヤロー!その手見てみろ、そんな手で何掴むってんだ。何を守る。どこに届く!」
 「なんでも一人でやろうとするな!火野!!」
 と、Wバースの激が飛ぶ。

 しかし、そんな熱い二人の想いも今の映司には届かない。

・そんな中「こそこそせずに、君もそろそろ動いたらどうです」
 後ろで隠れて見ていたウヴァにドクター真木が最期の緑メダルを渡し、
 ウヴァ念願の完全体に。

 何このとって付けた様などうでもよい扱いw
 しかも本当に何もせず棚ボタで完全体とかウヴァさんらしい
 消去法でメダルの器とか、もうねwww

・だが、その空気感とは裏腹に、なんとプトティラのガブリューが全く効かない超硬度!
 最終形態だとガメルじゃなくウヴァのほうが硬くなるの?
 まぁ確かに昆虫の外骨格だし硬くて当然なんだけども、ウヴァさんが強いと違和感がwww

 しかし表情が無いのに、棒立ちでわざと受けて「俺強い」を満喫し
 ドヤ顔してるように見えるのがすごいなw

・そんなウヴァを倒すため、鴻上会長の元に走り
 セルメダルでパワーアップしようと図る映司。

 もう完全にグリードの思考ですねぇ。

 でもそれだけセルメダルがあるなら、バース1000枚使用のCLAWs・サソリで
 ウヴァやドクターに勝てるんじゃない?って思っちゃうんですが。


・カンドロイドを使ってアンクの元に辿り着いた比奈。
 その比奈に対し
 「この身体はなんともないから安心しろ」
 「もうすぐ返す」と自分の最期が近いことを伝えたアンク。

 そして更に、
 「俺が付いてないと相当ヤバいだろ、あの“使えるバカ”は」

 一番欲しかった“命”を手に入れる事は叶わなかったが、
 それでも十分過ぎるもの“心”を手に入れた事を知ったアンクは
 最期の瞬間まで映司を助けるために動き出す。



アンク格好良いよ、アンク!!(涙)


でもってウヴァさん、やっぱり最終回まで残ったー!www
ここまで来たら最期まで頑張って生き残って欲しいwwwww
「1話から登場したが途中退場、だが奇跡の復帰後
最終回まで出番ありの昆虫怪人」と書くと仮面ライダー1号っぽいですね。


しかし最終回のタイトルに「パンツ」入れるなよwwwwwwww
明日のメダルとパンツ“を”掴む腕」に見えちゃったじゃんwww
絶対ネタとして後々まで語り継がれるw俺の占いは当たるw
posted by くれない音也 at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月21日

【感想】仮面ライダーOOO(オーズ)第46話 『映司グリードとWバースとアンクの欲望』

【特撮感想】
◆『仮面ライダーOOO(オーズ)』感想

伊達明(だてあきら)リターン!!!な第46話


※未見の方は先に動画で本編をお楽しみください♪
(動画は前ぶれ無く消去される可能性がございます。その点ご了承くださいませ)
Videozer
56.com


・ドクター真木vs完全体ガメル
 「ないよ!ないよっ!!あ、あったよ!」
 シリアスにもキヨちゃんコントを欠かさないドクターwww

・そしてガメルもドクターも大量のセルメダル放置して立ち去る。
 メズールを元に戻したいなら、今まで身体を構成していたそのメダルを
 使用したほうが早いんじゃないの?ガメル。
 まぁ意識の入ったコアメダルが消滅した以上、何やっても無駄だけど
 放置はなんか納得いかなかった。

・どっかの海岸に流れ着いた映司。
 うつぶせはヤバイよw普通なら死んでるよwww
 ギルスとかザンキさんみたくw

・左手がグリード化して元に戻らない映司。
 そりゃ慌てるよなぁ。

 会長や伊達さんに言われた助言「欲望」を思い出す事で元に戻る。

・一方アンクはクスクシエに戻ってアイスの無銭飲食w
 そこに比奈ちゃんと鉢合わせ。

「食いに来た」「うまかった」「それから、色々だ」
 「だから・・・この身体よこせ」

 要点しか言わないアンクのセリフ。
 だがその短さの中に一年の重みが詰まってて切ない。
 
 そして最初期なら何も言わず奪っていただろうに
 命を欲したがゆえに人の心を理解しつつあるアンクの、
 「よこせ」と言いながらもそれが許されない事を
 重々分かっている哀しい表情・・・。

 人に近づいていくグリード(アンク)と、
 グリードに近づいていく人(映司)。
 この対比は上手いなぁ。

・街に現れたガメルの元に急行する後藤さんと、
 ベルト届けたり仕事が的確で早い里中。

 なんて格好良いベルト交換にバイク上変身!
 もう戦闘に関してはこの二人が主人公で良いんじゃないかな?w

・触れた物を一瞬でセルメダルに変換する完全体ガメル。
 
 怖えー!!!
 無機物(車)だけじゃなく、その中の有機物(人)まで丸ごととかどんなホラー。
 今まで一人じゃメダル量産出来ない一番不完全なグリードかと思ってたら
 真の力は誰よりもグリードの怖さを体現してた。

・そんな人だったセルメダルを容赦なく弾丸として使用する後藤バースw
 まぁ元に戻せないんだろうし仕方ないんだろうけど。

・一方映司の元に急ぐ里中の運転する車の前に
 「僕は死にましぇん」ばりに危ない登場する人影一つw

・海岸で繰り広げられる痴話喧嘩もとい映司vsアンク。
 全てのグリードを暴走にも完全体にもさせないよう
 「メダルを砕く」事を宣言する映司。

 「世界を確かに味わえるもの“命”」を欲するアンクと全面対決!
 
・「お前は欲しがり過ぎなんだよ!命が欲しいならもっと人の命も大切にしろ!」
 との映司のセリフに対し
 「知るか!お前もなんか欲しがってみろ!そうすれば分かる。
  お前、なんか欲しいと思ったことあんのか!?」と返すアンク。

 「どんなに遠くても届く腕、力」=オーズ
 映司が望んでいたものは既にアンクによって満たされていた。
 それを再認識した映司はアンクに対し「ありがとう」と伝える。

 このセリフを聞いた時のアンクの表情もまた切ない!


・一方、ガメル完全体の前に手も足も出ない後藤バース。
 またしても一か八かの最大出力近距離ブレストキャノンで死中に活を見出そうとする。

 だがそこに「そんな捨て身の戦法、教えた覚えないけど」と
 ガメルに銃撃する男!

 伊達さんキターーーーー!!!!!!

・里中から貰ってきたプロトバースのベルトで変身する伊達。

 Wバースの絵面は燃えるなぁ♪
 しかも伊達さんと後藤さんのどちらが変身したのかが演技だけでちゃんと分かる。
 スーツアクターさんはやっぱりすごいわ。

・しかし二人になってもガメルにフルボッコにされるバース。

 伊達「後藤ちゃん、さっきの戦法でいってみようか?」
 後藤「教えた覚え無いんじゃないんですか?」
 伊達「・・・邪魔してすいませんでした」


 伊達さーんwwwwwwwwwwwwwwwww
 だてごと漫才はやっぱり最高ですwww

・と言うわけで近距離Wブレストキャノンでガメルを撃破。
 
 「やったか?」とか普通「やってないフラグ」を立てたので
 本当に大丈夫かハラハラしましたw

・そして本来なら大丈夫だったであろうガメルだったが、
 ドクターの腹パンで既にコアメダルにヒビを入れられており
 消滅は時間の問題だった模様。

 最期までメズール想いだったガメルに泣ける・・・。


・見つめあう映司とアンク。
 そんな関係に終止符を打つべくドクター真木が動くw

 映司に紫のメダルを追加し暴走を促す。
 
 グリード連中が暴走しないよう慎重だったから
 一番暴走しやすそうだった映司に対象を変えたのかな?



とうとう完全にグリード化した映司。
次回予告の「赤いヒビ」も大変不吉なキーワードで・・・。

ウヴァさんはともかくwアンクには多少なりとも
ハッピーエンドな最終回を迎えて欲しいなぁ。
posted by くれない音也 at 03:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村ランキングにご協力お願いいたします♪
【記事カテゴリ一覧】
特撮感想特撮動画特撮関連動画特撮ネタ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。